検索
  • 1118122c

合格体験記 ー足立若菜

みなさんこんにちは!一橋大学フィールドホッケー部法学部2年の足立です。


二次試験まであと1週間ですね。共通試験が今年は難化したみたい?ですが「Twitterで嘆きのツイートをたくさん見ました😮)、一橋は二次試験が配点のほとんどを占めるので、共通テストの出来は気にしないで大丈夫です!


まず、わたしが受験生の時直前期にやっていたことを、各教科ごとに紹介します。社会選択は少数派の倫理政治経済だったので、参考になる方は少ないと思いますが、市販の問題集とかもなく、情報も少ないので、もし倫政選択の方がいたら、参考にしてみてください!(今調べたら、倫理政治経済あるの今年までなんですね、本当に誰の参考にならないかもです🙇‍♀️)


わたしは、試験形式に慣れることが直前期に1番大切なことだと思います。時間配分や解く大問の順番などをいろいろ試してみて、自分に合うものを見つけることで、本番もいつも通りに解くことができました。


英語と国語は大問ごとの時間配分を具体的に決めて、試験が始まる前、問題用紙が配られて待っている時など、時計を見ながら、何分までに大問1を終わらせるなど、頭の中でイメージしていました。でも、急に問題形式が変わったり、各大問の難易度が大きく変わるとことは全然あり得るので、気にしすぎないで、大体の時間を決めていました。


数学は苦手で、過去問や問題を解いてて、5分から10分くらい考えても、何も解法が思いつかなかったら、すぐに答えを見るようにしてました。そして難しすぎる問題や苦手な分野のものは、捨てるという選択肢を頭に入れておくことも大切です!わたしは直前期は微積と確率など比較的一橋数学の中では解きやすい分野の問題をたくさん解いていました。本番は、微積だけは絶対に取りたいと思っていたので、計算ミスがあると悔しいので、見直しの時間とかも入れると40分くらい時間をかけていたかもしれないです!


倫理政治経済の勉強は主に高校で使っていた資料集を使っていました。過去問をひたすら解いて、学校の先生に確認してもらったり、資料集や解答(赤本の解答は癖が強いというか、受験生にこんなの書ける?ってレベルだった気がしたので、参考にする程度で模範解答レベルが書けなくても、気負いすぎないようにしていました)を見ながら、自分で採点したり、していました。試験直前には頻出分野の記述をみていました。


そして試験の直前期は、新しい参考書などを始めないで、周りの人が使っているものや良いと言われてるものは気になるかもしれませんが、わたしは数学も(1番定番?の)チャートじゃなくて、あまり他の学校の人で使ってるのを見たことがない、学校で配られたFocus Goldという参考書を使っていましたし、英語の単語帳もあまり定番でないものを使っていました。正直どの参考書もあまり変わらないのかなと思うので、直前期には使い慣れてるものを使うのが1番です。


それでは、次に試験前日、当日や休み時間の過ごし方を紹介します。わたしの出身高校は千葉東高校というところで、自宅から大学までは電車で約2時間くらいかかり、試験のために前泊するか迷ったのですが、JR中央線は遅延することが多いと聞いたので、泊まることにしました。直前に決めたので、国立では取れず、八王子のホテルを取りました。


試験前日は、特別なことはせずに、いつもやっていた参考書や単語の最終確認をして、試験の持ち物の準備をして(わたしは心配性なのでいっぱい予備を準備していきました、腕時計も一応一個止まっても使えるように、2個用意していきました!)、早めに寝ました。


試験当日は頭が完全に起きるまで、3時間くらいかかると昔先生に言われて、いつも試験の3時間前には起きるようにしていたので、5時半から6時に起きて、1時間くらい前には試験会場に着いてました。結構人はいたと思います。でも早く行きすぎると、中に入れなくて寒い中外で待たされる可能性があると、一橋の受験生応援サイト?かどこかでみたので、早く行きすぎない方がいいかもしれないです。


そして、試験の直前の時間や休み時間は、正直直前に何かみても変わらないと思う方もいると思いますが、わたしはセンター試験の国語の直前にみていた漢語がたまたま試験で出たので、最後まで何かみておくことをお勧めします。あと、わたしは東キャンパスの1号館が2号館の広い部屋で試験を受けたのですが、トイレの個室の数が少なめで、女子トイレは結構並んでました。


当日の服装は、私服の人が多かったんです。わたしは高校の制服で行って、スカートなので寒いかなと思って、いっぱいカイロを貼っていったんですけど、試験会場が結構暖かくて、何枚か途中で剥がしました。でも場所によって暖かさは変わるので、一応何枚か持っていっておくと安心です🙆‍♀️


試験1日目が終わったあとは、まだ1日あるのに浮かれちゃいそうだったんですけど、気を引き締めて、2日目の準備をしました!1日目の出来についでは考えないで、早く気持ちを切り替えることが大切です。特に2日目の英語はどの学部でも配点が高いので、1日目の手応えがあまり良くなくても、2日目で十分巻き返すことは可能です!試験が終わったらもう夕方でそんなに時間はないので、あまり重いことはしないで、単語帳や参考書や記述を読んだりしてました。あと、スマホは結構いじっちゃうタイプだったので、2日間ほぼずっと電源切って封印してました!


最後に、試験前日や当日、休み時間などは、何回も書きましたが、いつものように過ごすのが1番です。程よい緊張感を持つことは大切ですが、なるべく落ち着いて(難しいとは思いますが😔)受けることで、実力を発揮できます。わたしは、国公立に行きたくて(ちなみに後期は千葉大に出願してました!)、私大を受けなかったので、センター試験から二次試験まで時間が空いて、試験が久しぶりでとても緊張しましたが、使い慣れてる参考書やたくさんの書き込みをみてると、今までこれだけ頑張ってきたんだから大丈夫!という気持ちになって、少し自信を持てました。


ここまで読んでくださってありがとうございます。今までやってきたことを信じて、皆さんが当日実力を発揮できることを祈ってます!

閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示