検索
  • 1118122c

新入生の皆さんへ 新歓代表挨拶 ー辻雄太

みなさんこんにちは。

一橋大学フィールドホッケー部新歓代表の辻です。

後期試験合格おめでとうございます!

第一志望を最後まで貫き通した人も、第一志望ではなかった人も、最後の最後までよく力を出し切りました!本当にお疲れ様です!

一橋大学に合格された皆さん、私たちと最高の学生生活を一緒に過ごしましょう!!


さて、今このブログを読んでくれている人、

ありがとうございます!

数あるツイートのなかから目に止めていただき、リンクを押していただき、ここまで読んでいただき、大変感謝です。

皆さんの中には部活やサークルについて考えている人もいるでしょう。

そこで新歓代表の僕から、フィールドホッケー部について少しばかり語らせていただきたいと思います。


かくいう僕は、大学二年生でフィールドホッケー部に入部しました。一年生の頃はサークル活動のみでした。しかし、なんでもっと早くから入部しなかったのだろうと感じています。それだけフィールドホッケー部には魅力が詰まっているのです。初めはサークルだけでいいやと思っていた僕がフィールドホッケー部に入部をして気づいた魅力について語っていこうと思います。


まず皆さんが気になるであろう、部活とサークルの違いですが、ズバリ、縦横のつながりが強いことです。サークルの自由な感じももちろん魅力的ですが、人間関係の濃さでいえば部活の方が断然強いでしょう。週の半分顔を合わせ、同じ目標に向かって汗水流しながら努力する部活は必然的に縦横のつながりが生まれます。そしてそこで得た人間関係は一生の宝になるでしょう。また、大学生の最大の難所といわれる就活の情報もバンバン入ってきます。伝統のある部活であれば、OBOGさんからも情報が得られます。一見部活をしながらの就活は大変そうに思えますが、情報が命といわれる就活においては部活をしながらいろいろな先輩や同期から情報を得ていく方が断然効率的です。


一方で、部活といえば何かと拘束されるイメージがあるかと思います。最後の学生生活を部活のみに費やしたくない気持ちは大変わかります。僕自身そうでしたから…。しかし、フィールドホッケー部は違います。資格試験勉強、バイト、趣味、留学等々。部活と並行しながら様々なことができます。僕は部活をしながら大学で教職課程を履修し、教師になるための勉強をしています。また、バイトにも力を注ぎ、扶養ぎりぎりまで稼いでいます。そしてフィールドホッケー部の夏と冬の長期オフを利用し、様々なところに一人旅や友人と旅行をしています。他の部員も、同じように部活と並行して様々なことを行っています。

他にも、先輩後輩同期の仲が良い、用具補助が出る、一年生から試合に出られる等々、他の部活にはない魅力いっぱいです!


長々とお読みいただきありがとうございます。フィールドホッケー部の魅力が少しでも伝わっていれば幸いです。

少しでもフィールドホッケー部に興味を持っていただけたら、ぜひ連絡ください!そしてグラウンドにいらしてください!きっとフィールドホッケーの楽しさが存分に伝わるはずです!2年生3年生も大大大歓迎です!ぜひお待ちしております!


一橋大学フィールドホッケー部新歓代表 辻

閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示