検索
  • 1118122c

直前!合格体験記~浪人編~ ー宮瀬幸希

皆さんこんにちは!一橋大学フィールドホッケー部1年・経済学部の宮瀬です!

二次試験までもう2週間を切りましたね。毎日勉強お疲れ様です!もうラストスパートということでできることは限られてしまいますが、部員の直前期から合格までの体験記を紹介してこのブログが最後のちょっとした手助けになればなぁと思います。現役編、地方勢編も今後出るので、息抜き感覚で読んでみてください!それでは浪人編スタートです!

まずは自分がどんな受験生だったかを簡単に紹介します~👉👉

現浪:浪人

出身高校:東京都・穎明館高校(#読めない #山 #橋をわたって登校 #無名 みたいな高校)

リサーチ:D判定(ジャスト720点でした。マークは苦手)

オープン模試:C判定(D寄りのC。失敗してだいぶ落ち込んだ)

二次社会科目:世界史

得意科目:世界史

苦手科目:数学(世界史以外どれもトントンでしたが強いて言うなら一橋的に)

ごらんの通り僕は浪人生にしては全く余裕のない成績でした。

ちなみに現役の時は社学に60点差くらいでふつーーに落ちました。なんで学部変えた??と思われそうですが、話すと長いので続きはホッケー場まで聞きに来てくださいね~✌️

【二次試験まで】

二月中旬から私大受験が始まり、一橋や併願校の過去問と今までの復習を半々くらいで進めました。まず前提として僕は、過去問はあくまで過去問という認識をしていて、同じ問題は出ないと考えていたので、今までに予備校などで習ってきたものの復習をかなり大切にしていました。一方で、新しく解く一橋の過去問の中では英語の自由英作、国語の大問2系、数学の整数と確率を特に重点的に解きました。この3教科にはそれぞれ理由があります。英語は本番で自由英作に割く時間を短縮できれば読解につながると考えていたので、練習と添削を繰り返して使えるフレーズを蓄積しようと思って取り組みました。国語は大問2がほかの大学にはない形式であり、慣れれば短期間で伸ばせる分野でもあると思ったのでこの時期に多く解きました。数学に関しては整数と確率は毎年といっていいほど出題されていたので、今までに出題された解法は一通り頭に叩き込むために過去問は2つの分野に集中しました。それ以外の科目や分野はというと、今までの復習がメインでした。現役の時に過去問を結構解いていたので、その過去問の復習も含めてです。とにかく一度解いた問題の類題は必ず取る!!という気持ちが強かったです。見たことないような問題は出たらしょうがないし、周りもできないだろうみたいな風に思っていました。

こんな感じで勉強していた中で、二次当日までどの科目も現状維持ではなく1点でも多く取るための勉強を心がけました。浪人だから伸びないとかありません💪💪一橋は二次の配点が高いので、残り2週間の努力でリサーチの結果がイマイチでも逆転できます!!

【二次から合格発表まで】

迎えた二次試験。僕は実家が大学の近所なので、自転車で悠々と会場に向かいました(家から近いっていいわ~😊😊)。教室につくと、席が後ろの男の子が日向坂46の推しメンらしき写真を机に置いていて、僕の口角が少し上がりました😏

1日目は数学で微積を完答することだけを第一に考え、結果的に完答することができました。ただ数学は2問白紙の2完半で終わってしまい、もっとできたなあと感じてだいぶ落ち込んで帰宅。国語はあんまり記憶に残らないくらいまあまあでした。

2日目は絶望でした。英語は今までの長文2題が超長文の1題になっていてもうパニック。うまくいかないときの自分が出てしまい、落ちたなぁと思いました。弁当箱に入っていた母親からのメッセージも相まって昼休みのときは泣いてました(あぁ今年もダメか、せっかく浪人させてもらえたのに)。ただ最後に得意の世界史が待っていたので切り替えて最終チェックをして挑みました。しかし世界史も過去問で見たことないような問題しかなく、もう挽回できないなぁと思いながらも諦めず埋めました(どうせみんな書けてないでしょ)。

全科目を終え、一橋はほぼ諦めていました。だけど前日までやれることはやったし、これで落ちたらもうしょうがないかなって感じ。その夜は高校の同期(みんな大学生)と焼き肉を国立で食べて、完全に燃え尽きました😇😇

翌日(実は誕生日)からは不安を抱えながらも、友達と遊んだりサウナにハマったりして過ごしました。そして合格発表。まさかの合格。驚きと嬉しさが大爆発。自分でもやればできるんだ、と自信にもなりました😌

【最後に】

改めて振り返ると、この時期に大切なことは向上心と諦めない気持ちだと思います。うーん、ありきたりですね。でもやっぱり大切です。向上心はさっき言ったように、試験当日まで現状維持ではなく1点でも多くとる勉強を考えて実行することです。それが最高の準備につながるはずです。そしてそれを支えるのが気持ちです。浪人生なら、去年悔しい思いをしていると思います。辛いときはその時のことを思い返して今年こそは、と最後まで諦めずにやり切ってほしいです!!

春にホッケー場で会える日を楽しみにしています!長くなってしまいましたがここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

閲覧数:140回0件のコメント

最新記事

すべて表示